学科紹介

Course

表現基礎学習 デッサン授業

トライデントではデッサンを基礎から徹底指導!

リアルなCGも鮮やかなアニメも、もともとは一枚のスケッチから始まります。鉛筆デッサンで培われる描写力、着彩制作で色彩感覚を養うことでじっくりと基礎を固め、仕事で通用する質の高いCG作品づくりに反映させています。

img_dessin_15.jpg

img_dessin_17.jpg

img_dessin_16.jpg

 

1年次

トライデントなら未経験者でもここまでうまくなる!

デッサンの基礎からじっくり学べるので未経験者でもしっかり身につきます!実際の学生作品でチェックしてみよう! 多角的なアプローチでじっくり作品制作に取り組むため、未経験者でも業界に通用するレベルのデッサン力が身につけられます。

デッサン(本田 揚一朗さんの場合)

Step1

1年次4月初旬制作

Step2

1年次5月中旬制作

Step3

1年次5月下旬制作

Step4

1年次6月下旬制作

Step5

1年次7月下旬制作

関連リンク
CGスペシャリスト学科の学生デッサン作品

2・3年次

デッサンで差をつける!ラフから完成までの流れ

3DCG背景(加藤 拓也さんの場合)

1. スケッチ

テーマに合わせてアイデア出し。時代や生活もイメージする。

2. 着彩

色彩計画を行う。
スケール感を大切に。

3. 完成

3Dソフトで制作。

2DCGキャラクター(兼松 良太さんの場合)

1. スケッチ

テーマに合わせてアイデア出し。体型や年齢も幅広く描いてみる。

2. 着彩

色の性質をいかして配色を考える。

3. 完成

2Dソフトで制作。

3DCGキャラクター(李 学偉さんの場合)

1. スケッチ

デザイン作業の流れは同じ。資料収集も忘れずに。

2. 着彩

3D制作時に迷わない計画を立てる。

3. 完成

3Dソフトで制作。

関連リンク
CGスペシャリスト学科の学生作品