学科紹介

Course

Webデザイン学科 学科の特徴

  1. プログラムとデザイン両方を勉強できます
  2. HTML+CSSなど、Web制作の基礎からしっかり学べる
    日々進歩するWebの現場で、柔軟に対応できる基礎力をしっかり学びます。
  3. 現役クリエイターを招く特別授業で最新技術を学ぶ
    特別授業で現場の声を直接聞いたり、Webの新しい技術を学びます。
  4. 産学協同制作を通して実践力が身につく

産学共同・コンテスト・セミナーで企業と関わる

産学協同制作を通して実践力が身につく

Web制作会社監修のもと産学協同制作を行うことで、プロの現場で求められる即戦力・技術力・応用力を養います。またグループ制作を通してコミュニケーション能力を高めます。

img_features_01_2013.jpg


Web業界との関係が深い

Web制作会社監修のもと産学協同制作に取り組んだり、協賛しているWCANに参加したりと、業界との関係が深く就職に断然有利。WCANでは聴講するだけでなく、学生が勉強の成果を発表しています。

※WCAN:Web Creators Association Nagoyaの略で、名古屋を中心としたエリアでWeb制作に携わっている人、Webに興味のある人のグループとして活動。年4回のイベントと、不定期に行うワークショップを開催。


専攻別科目

Webデザイン専攻

  • Webデザイン演習
  • サイト制作

アプリデザイン専攻

  • アプリ制作

Webプログラミング専攻

  • JavaScript
  • Webプログラム
  • Web開発基礎

Webディレクション専攻

  • プレゼン演習
  • マーケティング概論

共通科目

カリキュラムは業界の動向に合わせて変更する場合があります。

  • HTML+CSS
  • マークアップ演習
  • Webプログラム
  • Webデザイン演習
  • モーション演習
  • Webリテラシー
  • Webワークショップ
  • 業界研究
  • デジタルデザイン基礎
  • 一般教養
  • 造形基礎
  • キャリアデザイン
  • 情報デザイン基礎

目指す職業

勢いを増すスマートフォン。そのためPCだけでなくモバイル向けのWeb制作など需要が増している今注目の業界です。

Webデザイナー

依頼主の意向に沿った形で、画像や文字のレイアウトに工夫を凝らし、動画や音声等も効果的に使いながらWebサイトをデザインする。

マークアップエンジニア

サイトに載せる原稿をHTMLやCSS、JavaScrpit等を使い、見やすさに配慮しながらWebサイトに掲載できる形に仕上げる。

アプリ開発者

ショッピングサイトや業務アプリケーションなどの構築を行う。アプリの目的を理解し、使用するユーザーにとって使いやすく設計・開発する。

Webプログラマー

Webサイト用にデザインされたデータを、インターネット上のHPとして機能させるためにプログラムする。

Webディレクター

Web制作における現場最高責任者。HP制作の依頼主から要望を聞き、制作プランを作成して制作スタッフらに適確な指示を出す。

企業Webの担当者

企業にとって必要不可欠なWebを監修。サーバの管理、サイト更新、アクセスログ解析、プロモーション等、仕事は多岐に渡る。