このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾グループ河合塾

新着情報

News

ゲーム部門で優勝!イマジンカップ2015日本予選大会

Imagine Cupとは

舞台を広く使い、全員でプレゼン。10分間という短い時間内でいかに上手く伝えるかという力が重要な場面です。

ビル・ゲイツが発案し、2003年に始まった世界最大の学生向けITコンテストでマイクロソフトが主催。延べ165万人以上の学生がこれまでに参加。過去、トライデントコンピュータ専門学校は日本の専門学校として唯一*、ゲーム部門で世界大会決勝まで進出し世界ベスト5*という実績を残しています。

*2015年4月時点実績
*イマジンカップ2012世界大会ゲームデザイン部門

日本予選大会は3部門に分かれており、トライデントコンピュータ専門学校が決勝進出したのは『ゲーム部門』で決勝は4月11日(土) TIAT SKY HALL(羽田空港国際線旅客ターミナル内)にて実施されました。

出場チーム

【チーム名】『絆』(きずな)
【作品名】『Fleeting Light』
【メンバー】水野沙織(CGスペシャリスト学科2年) クレメンス・ベルガー(CGスペシャリスト学科2年)  角威希(ゲームサイエンス学科3年) 新宮悠輔(ゲームサイエンス学科3年)

作品紹介

『Fleeting Light』はタブレット端末を使用して、二人で対面し、協力し合いながらプレイするアドベンチャーゲームで「言葉の壁を乗り越えて相手との絆を深める」ことが出来るようになっています。

https://www.youtube.com/watch?v=krMiOOH3xqA

『ゲーム部門』で一位に輝き、『優秀賞』を受賞しました!

3部門9作品のトップバッターとしてプレゼンの舞台に立ったチーム『絆』のメンバーは、堂々と大舞台でのプレゼンを行い、作品の魅力・コンセプト・可能性を審査員や観客にアピール。見事、『ゲーム部門』で一位に輝き、『優秀賞』を受賞しました!

全チームのプレゼン終了後の審査時間中には実機でのプレイが可能。多くの参加者がブースに訪れていました。

ゲーム部門優勝の瞬間。チーム全員で勝ち取った栄冠です。

舞台の上で記念撮影。優秀賞の賞状と副賞10万円を獲得しました!

受賞作品はオープンキャンパスで実際にプレイすることができます。

関連リンク
オープンキャンパス