就職・資格

Work & License

内定者情報 クリエイティブ系分野

過去の内定者情報

2009年度 クリエイティブ系分野

内定先
(株)AI(アニマ関連会社)
職種
CGアニメーター

久保 友里恵さん

いなべ総合学園高等学校出身

CGアニメーターに憧れて

志望職種は1年の4月には決まっていました。とにかく3DCGアニメーターの仕事に着き、ゲームキャラクターを自分の手で動かしたかったので、今回の企業に挑戦しました。この企業を選んだ理由は、有名だった事もありますが、クォリティの高いムービーを制作していたことに惹かれたからです。内定を頂くまでとても大変でしたが、担任の先生や、就職情報センターの方々から良いアドバイスを貰えた事で、今回の内定につながったのだと思います。『本気だったら諦めない』この気持ちが大事だと思います。

内定先
(株)AI(アニマ関連会社)
職種
CGアニメーター

近藤 天万里さん

岐阜総合学園高等学校出身

何事も全力で!!

トライデントへは、3DCGを学びたくて入学を決めました。入学後は知識やスキルは勿論ですが、中でもグループ制作で得た意見の出し方、受け入れ方、コミュニケーションのとり方は、社会に出てからも必ず必要な分野なので、学生のうちに身に付けることが出来て良かったです。就職活動に関するサポートも担任の先生をはじめ、しっかり指導をしてもらえた事で、今回の内定に行き着けたのだと思います。入社後もどんどんスキルアップをして、まわりから信頼してもらえるクリエイターになりたいです。

内定先
(株)デジタルフロンティア
職種
3DCGデザイナー

林 岳彦さん

愛知大学経営学部出身

基礎がしっかり身に付くトライデント

大学卒の私ですが、CGを勉強したくて、基礎からしっかり勉強できるトライデントに入学を決めました。内定した会社への志望動機は、フル3DCGの映画を制作できる会社だったからです。普段からポートフォリオを持ち歩いたり、情報収集することで引き出しを増やしたり、何事も諦めずに続けることが内定につながったと思います。入社後はCGディレクターになるのが夢です。常に作品と向き合う心構えを忘れず、頑張ります。

内定先
サン電子(株)
職種
CGデザイナー

菅谷 春奈さん

若宮商業高等学校出身

デッサンから学びたかった

しっかり基礎からデッサンを学べたことで、苦手な分野の克服ができました。また、作品を見せ合うことで多くの意見を聞き入れ、コミュニケーション能力の向上させられたことで、より良い作品制作ができました。私は面接が得意ではなく、つい硬くなってしまい、面接本番では手応えは感じられませんでしたが、伝えることはしっかり伝えられたと思います。将来は、ユーザーも自分も満足できる楽しい物を作りたいです。

内定先
(株)ジェットスタジオ
職種
CGデザイナー

新納 慶子さん

石川県立工業高校出身

重要なのは自分を持つこと

実績と設備が整っていたので、トライデントに入学を決めました。就職活動はとても大変でしたが、校内にある就職情報センターで、面接での受け答えや、履歴書の書き方など、アドバイスをもらえたので、とても助かりました。内定した企業への志望動機は、会社でオリジナルの作品を1から全て制作したいと言う「会社の目標」があったからです。面接では、たまに雑談も混ざりなら、リラックスして質問の受け答えが出来たので、自分らしい、ありのままの姿で面接が出来ました。今後は、多くのことに挑戦し、最終的には自分がやりたいと思っている、モーションのスペシャリストになるのが、私の夢です。

内定先
(株)ホーゲット
職種
ゲームプログラマー

金 志勲さん

トライデント外国語専門学校出身(出身国 韓国)

日本語でのコミュニケーション能力

プログラム能力ももちろん大切ですが、周囲とのコミュニケーション能力も大切です。入学して最初の3ヶ月は、周りに話しかけるのが大変でしたが、事前に何を話すか準備をしたり、自分から先にあいさつするなどして、コミュニケーションを取る為の努力をしました。その努力が実ったおかげで、内定をいただくことが出来ました。今は沢山の友達ができて、日本語の自信にもつながり、とにかく嬉しいです。留学生でも頑張ればできます!

内定先
(株)白組
職種
3DCGデザイナー

宮内 貴広さん

飯田工業高校出身

先輩の作品に魅せられて

トライデントへ興味を持ったのは、卒業生の作品が他の専門学校に比べて、とてもすばらしかったことでした。幼い頃から、映像業界で働くのが夢だったので、やるなら一番の企業に入りたいと思い、今回の企業に志望しました。内定を獲得するために、校内の就職情報センターで模擬面接を行ったり、ポートフォリオに良質な紙を使ったり、自分の好きな映画を見直したりしました。中でも、仲間と一緒に行ったグループ制作は、面接でも良いPRになりました。入社後は早く周りから認めてもらえるよう、努力していきたいです。

内定先
(株)未来少年
職種
ゲームプログラマー

下里 祐介さん

加藤学園高校出身

名古屋勤務と社長の言葉

校内にある就職情報センターの求人票で、内定先企業を知りました。企業研究を進めていく中で「名古屋勤務と社長の言葉」に魅力を感じました。正直、通るとは思っていませんでしたが「慌てず、騒ぎすぎず」をモットーに、自分らしく流されない就職活動を行ったのが、良い結果につながったと思います。面接では、自分の将来性を感じさせるのと、アイデンティティをしっかり伝えられたことで興味を持ってもらえました。入社後は、世界で活躍できるようなゲームプログラマーになって、実力を発揮させていきたいです。

内定先
(株)ジェットスタジオ
職種
3DCGデザイナー

井筒 臣喜さん

渥美農業高校出身

CGを勉強したかった

高校生の頃、トライデントの方が学校にきて説明会をしてくれた時に、CGに興味を持ち、トライデントに入学を決めました。トライデントに入学してからは、得意分野をさらに活かす作品を作る事に力を入れつつ、ポートフォリオの構成、そして面接の練習をしました。実際これらは全て就職活動に活かされ、今回の内定をいただくことが出来ました。入社後は、少しでも早く先輩方に追い付けるように頑張りたいです。

内定先
(株)白組
職種
3DCGデザイナー

岡田 拓也さん

愛知工業高校出身

夢は映画監督

将来はCGを使った映像業界で働きたいと思っていました。その為には、しっかり基礎からデッサンを学びたかったので、充実した授業カリキュラムのあるトラ イデントに入学を決めました。トライデントで自信を付けたことが大きく内定につながった理由だったと思います。高校までは何をやっても冴えない自分でしたが、トライデントに入学後は、毎日を充実させられた事で、大きく自分自身が良い方向へ向かいました。就職試験では良い空間の中で面接が出来ました。作品から自分がどういう人間なのか読み取ってくれたので、とてもスムーズに自分をアピール出来ました。手応えとしては「受かった」と思いました。

内定先
オプティモグラフィコ(株)
職種
3DCGデザイナー

瀧口 愛由さん

愛知商業高校出身

自分で考えたものを形にしていきたい

一年目でデッサンの基礎をしっかり学べる環境があったので、初心者の私でも学んでいけると思って入学を決めました。内定先の企業を知ったのは校内にある就職情報センターの求人票でした。内定の秘訣は面接です。面接では、志望動機や自分の作品についてなど、自分の考えで相手に伝えられたこと。そして、1年2年で磨き上げたデッサンが、とても良いPRになりました。このデッサンで鍛え上げられた集中力と粘り強さと基礎技術がなかったら、内定は頂けなかったと思います。

内定先
(株)ゲームリパブリック
職種
CGデザイナー

木村 仁美さん

中村高校出身

ゲーム会社に就職するために

事前に自分の考えをまとめ、後悔の無いように全力で就職活動を行いました。就職活動を通じ、特に時間をかけたのが、自分の苦手な分野の克服、企業課題のク オリティUP、そして多くの分野での情報収集でした。自分の引き出しを増やす事で、コミュニケーションの向上もできました。面接はTV画面を使って行った ので、面接官の顔色がわかりにくく、手応えとしては薄かったですが、良い結果になりとても嬉しいです。

内定先
(株)ガンバリオン
職種
CGデザイナー

大川 智子さん

向陽高校出身

自分らしさをモットーに、楽しく作品をつくって頑張りました

会社の雰囲気も暖かく、楽しく仕事が出来ると思ったので、この企業を選びました。内定の秘訣は、楽しく作品を作ってきたことです。就職試験の準備では、面接の練習や、ポートフォリオの作成、コミュニケーション力の向上にも力をいれました。面接本番では、全てのことから楽しさを発見できるということをアピー ルできたので、自分の出せる力を出し切って良い反応を得ることができました。不況と言われていますが、やる事は何も変わりません。辛い事があったとしても、楽しもうとする事で、しっかり乗り切れると思います。入社後も、上を目指します!!

内定先
(株)トーセ
職種
ゲームプログラマー

酒井 健太さん

池新田高校出身

会社にとって必要不可欠な人材になりたい

校内にある就職情報センターの求人票から、先生の紹介で企業を知りました。そこから情報収集を重ね、ゲームに関する幅広い事業をしていることを知り、自分 のやりたい仕事がこの企業にあったので、受かりたい一心で頑張りました。就職活動中は自己分析を重点に行いました。当日は、スムーズに話が進み、授業で得たオンラインゲームの知識に企業からの反応がとてもよく、手ごたえを感じる事ができました。入社後は、より多くのことを学び、吸収し、会社にとって必要不可欠な人材になりたいです。

内定先
(株)AQインタラクティブ
職種
ゲームプログラマー

伊藤 孝之さん

東海高校出身

ゲーム系の企業に就職したかった

ゲーム業界では有名な企業だったので、是非就職したいと思いました。学校内でも、個人でも、面接の練習は沢山しましたが、やはり当日は緊張の連続でした。なかなかうまく言葉が出てこない事もありましたが、自分が得意としている、ゲームプログラミングの知識に企業側が興味をもってくれたおかげで、最後は、自分の思っていることを全て、伝えることが出来ました。面接で特に気を付けたのは、相手の目を見て、はっきり話しをする事です。

内定先
(株)ユークス
職種
ゲームプログラマー

大杉 昌央さん

浜松城北工業高校出身

プログラマとして“最幸”な職にする

ゲーム業界に就職したいと思い始めたのは中学3年生の10月頃でした。トライデントは業界に根強い事と、学べる環境が整っていたので入学を決めました。面接や筆記での試験は簡単ではなかったですが、構内にある就職情報センターでのアドバイスや、担任の先生からの、ゲーム制作に必要な技術やゲーム業界の知識、そして、チーム作業の方法などの、技術的な知識を得た事がとても大きく、念願かなってゲーム業界に就職することが出来ました。入社後は、世界中の人々を楽しませてあげられるような、ゲームを制作していきたいです。

内定先
(株)ナウプロダクション
職種
ゲームプログラマー

五島 輝一さん

富山校専出身

就職情報センターのおかげで自信をもって就職試験を受けられました!

内定した企業を知ったのは、学内で行われた企業説明会でした。そこから企業研究を重ね、開発実績や、好きなスポーツゲームの開発に実績があったので興味を 持ちました。面接では、自己分析をすることで、長所をうまく引き出してアピールする事ができたので、手応えがありました。就職情報センターでは、必要な書類を取り揃えられる事や、面接時での的確なアドバイス事を受ける事が出来たので、自信を持って就職試験を受けられた事がとてもよかったです。今後は、より多くの人に夢を与えられるゲーム制作に、力を入れていきたいです!

内定先
(株)ヘキサドライブ
職種
ゲームプログラマー

市川 達也さん

岡崎城西高校出身

ゲームプログラマになるために

内定の秘訣は面接でした。面接の練習は、構内にある就職情報センターで、何度も練習を行うことで、常に向上心を忘れず、成長し続ける事ができました。授業内でのチーム制作で、コミュニケーションをしっかり取れるようになったのも、内定につながったひとつの理由だと思います。企業への志望動機は、プログラマの方々の能力が高く、その中で仕事が出来ることは、自分にも良い刺激になると思ったからです。入社後も、常に向上心を忘れず、トライデントで学んだ事を発揮できるように頑張ります。

内定先
(株)フロムソフトウェア
職種
CGデザイナー

加藤 雄樹さん

東山工業高校出身

内定の秘訣は、自己分析とポートフォリオ

基礎からしっかり学べる魅力に惹かれ、トライデントに入学を決めました。短大2年間は短いし、4年制大学では長すぎると感じていたので、この3年間はとてもバランスのとれた有意義な時間を過ごせました。内定の秘訣は、自己分析とポートフォリオのページ構成。先生方のサポートもあったので、しっかり準備をして試験を受ける事ができたのが、内定につながったと思います。授業では集団制作が面接の場面でとても参考になりました。面接本番はとても緊張していましたが、「自分は何に興味があって、何がしたい」という内容を伝えることが出来たので、雰囲気の良い面接ができました。

内定先
(株)ベック
職種
ゲームプログラマー

中根 優華さん

江南高等学校出身

夢はエフェクトプログラマー

内定先の企業を知ったのは、学内で行われた企業説明会でした。ここで、実際に内定先企業が制作したゲームを体感して興味を持ち、大好きなガンダムシリーズのゲームを制作している企業でもあったので、面接では楽しく会話が出来ました。就職情報センターでは、常に情報収集ができたのもよかったです。内定を獲得できたのは、情報収集することで自分の将来についてよく考え、行動力につなげられた事だと思います。

過去の内定者情報