学科紹介

Course

高度情報学科 入学から卒業までの流れ

img_ent-gra_00_2013.jpg

高度情報学科3年 岩本 椋介さんの場合
小牧工業高等学校出身

トライデントに入学を決めた理由
高卒での就職は自分でも実力と経験に不安があったので、実習環境・カリキュラム・就職サポートに魅力を感じてトライデントに入学を決めました。

プログラム制作の魅力
いままで使っていたけれど知らなかった裏側の仕組みが解ってくることです。自分の作ったプログラムが動いたときはとても達成感を感じます。

1年次

1年前期

情報処理技術者試験に挑戦

入学して半年後(秋期)の国家試験合格を目指したカリキュラムを実施。

1年後期

IT技術の基本を総合的に習得

前期の段階ではいまひとつ曖昧だったかもしれない知識が、十分な実習を通じて経験値としてしっかり身に付くのがこの時期。Oracle DB認定カリキュラムが開始となる。

img_ent-gra_02_2013.jpg

2年次

2年前期

Androidアプリ開発&発表

スマートフォンアプリ開発が本格的にスタート! 企画力、機能と性能、動作の安定性、プレゼンの良し悪しなど多方向から審査される。

img_ent-gra_03_2013.jpg

2年後期

さらに高度な開発技術の習得へ

自分の専攻分野を究めるため、さらに進んだ授業の数々が行われる。ベンダー認定カリキュラム授業も多数実施される。

3年次

3年前期

技術と資格を身につけて本格的に就職活動開始!

さらに上位の国家試験を目指した者。ベンダー資格の合格を積み重
ねた者。プログラムの実力を向上させた者。今までの努力を面接でアピールしていこう。

img_ent-gra_04_2013.jpg

都築テクノサービス株式会社に内定

トライデントは業界と太いパイプを持ち、就活事情を知り抜いた「就職情報センター」が徹底して内定までのアドバイスとフォローを行います。
高度情報学科の就職実績として、アイシン・インフォテックス㈱、NTTシステム開発㈱、㈱JRシステム・エンジニアリング、㈱中電シーティーアイ、中部テレコミュニケーション㈱、トッパン・フォームズ・オペレーション㈱、日本NCRサービス㈱、㈱富士通アドバンストソリューションズ、㈱ミエデンシステムソリューション、ヤマトシステム開発㈱、リコーテクノシステムズ㈱など、その他多数企業に内定をいただいています。

3年後期

卒業研究も大詰めに

多くの学生が内定を決め、専攻技術を反映した卒業制作に時間が費やされるのがこの時期。iPhone/iPadをターゲットにした開発を行うチームも。

img_ent-gra_05_2013.jpg