このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾グループ河合塾

学科紹介

3年制文部科学大臣認定職業実践専門課程

「遊ぶゲーム」から「創るゲーム」へ。

大人気のVRゲームや最近注目されつつあるMRゲーム、身近になったスマートフォンゲーム、リアルな映像表現の3Dゲームなど、ゲーム業界就職に直結した質の高いゲーム制作を学ぶ。

ゲームサイエンス学科 入学から卒業までの流れ

img_ent-gra_00_2013.jpg

ゲームサイエンス学科 3年 森 章人さんの場合
高等学校卒業程度認定試験

トライデントを選んだ理由は、3年という短い期間で実践力を習得し、プロを目指せる充実した教育環境です。1年次に学んだ基礎知識をベースに、2年次はゲーム制作を実践。
さらに3年次は内定先のインターンシップで学んだスキルを活かして、本格的なゲームを作りあげました。
段階的にスキルを磨ける実践重視のカリキュラムで、一歩ずつ成長している実感がありました。
また、よい意味で学生がやりたいことを自由にやらせてくれる風土も魅力。
先生方が進路や学校生活の悩みの相談にのってくれたので、自分のペースで制作を進めることができました。
ゲーム制作に興味がある人、好奇心旺盛で考えることが大好きな人は、きっと充実した毎日を過ごせると思います。
同じ志をもつ仲間たちとともに学生生活を精一杯楽しみながら、夢に向かって進んでいってください。

1年次

1年前後期

ゲーム制作の基礎を総合的に勉強

プログラミング言語をはじめゲーム制作の基礎を勉強。後期には東京ゲームショウの見学や業界のトップクリエイターの講演が聞ける業界研究の授業も行われる。

C言語授業風景

2年次

2年前後期

専門的にゲーム制作を勉強

1年次に学んだ基礎を土台に専門的なゲーム制作を勉強。制作したゲームを業界のプロに評価してもらう作品講評会も行われる。また就職活動に向けビジネスマナーなどの授業も行われる。

img_ent-gra_03_2013.jpg

3年前後期

卒業作品を制作

ゲーム会社から内定をもらい、プログラマーとして憧れのゲーム業界へ。
卒業制作では、チームを組んで本格的なゲームを制作。
今までの集大成を卒業研究制作展で発表する。

サイバーエージェントに内定

専攻別にチームを組んで本格的なゲームを制作。
今までの集大成を卒業制作展で発表。

img_ent-gra_07_2013.jpg