就職・資格

Work & License

資格サポート体制

特典1 無料マイマシンを支給

サイバーセキュリティ・高度情報・情報処理・情報キャリアプロの4学科では、高性能ノートパソコンを1人一台支給します。学校の授業だけでなく、移動中や自宅でも常に学べる環境として活躍します。また学内LANに繋げば、サーバーのデータにアクセスしたり、先生にメールを送ったり、インターネットをチェックしたりと様々な用途に使用できます。

東芝ダイナブック R63/T(2016年4月入学者支給)

  • OS:Windows 10 Pro 64bit
  • CPU:Intel Core i5-6200U
  • メモリ:4Gバイト
  • SSD:128Gバイト
  • 重量:約1.19kg

dynabookr63.png東芝ダイナブック R63/T

特典2 4種類の授業で実力アップ

1. コア科目

在学中もっとも核となり深く学ぶ科目

SE・プログラマーとして必要なスキル・知識を系統立てて学びます。これらの科目を通じてプロとして通用する実践的な能力を身につけます。

2. バラエティ科目

幅広く様々な技術を知り、習得する科目

コア科目で身につけた実践力にプラスアルファの能力として、 様々な開発場面で役立つ技術を学びます。

3. 資格科目資格取得に向けた科目

資格取得に向けた科目

国家試験対策

1年前期に集中的に学び、コンピュータの基礎知識をしっかり習得しながら基本情報技術 者試験合格を目指します。

資格対策授業

1年後期以降にはそれぞれの目標にあわせた科目を選択できる授業があり、国家試験だけでなく各種 ベンダー資格取得を目標にすることが可能です。

ベンダー提携授業

ベンダー資格の提携校ならではのカリキュラムで、通常授業科目を通して身につける力が そのまま資格合格に繋がります。


4. 就職科目

一般常識やプレゼンテーション技術など就職活動に向けた準備科目

一般常識授業

一般常識試験やSPI試験、プログラマー適性 試験そして作文試験などの対策としての授業 を専門の講師が担当します。

ビジネススキル・
プレゼンテーション

社会人としてのマナーや面接での自己アピール。ま た、システムエンジニアとして社会へ出てからも必要となるプレゼンテーション技術などを学びます。

企業研究・就職研究

卒業年次進級前には就職活動への準備を 行う「企業研究」で、進級後は「就職研究」で しっかりと就職活動への準備をします。


メリット1

ベンダー資格の提携校ならではの質の高い教育内容。さらに受験料が安くなる。

img_support_03.jpg

メリット2

「基本情報技術者試験」午前試験が免除。

img_support_04.png

トライデントコンピュータ専門学校では、高度なIT技術者を育成するため、経済産業省による情報処理技術者試験規則の一部改正に伴い施行された免除制度の全国展開に基づき、情報処理技術者試験の午前試験が免除される講座を開設しています。

午前の試験が免除されると、資格試験に自信が持てる効率的に試験勉強ができる上位資格にチャンスがある、などのメリットがあります。

※午前試験免除の特例処置を受けるためには、本校の所定の講座を履修し、IPAの提供する修了試験に合格する必要があります。

合格力を証明

img_support_05.jpg