学科紹介

Course

情報処理学科 入学から卒業までの流れ

img_ent-gra_00_2013.jpg

情報処理学科 2年前川 夏輝さんの場合
岐阜総合学園高等学校出身

トライデントに入学を決めた理由
オープンキャンパスに参加して先生との距離が近くていいと思いました。また早く就職を決めたかったので、2年課程の情報処理学科を選びました。

プログラム制作の魅力
ほんの一箇所を直しただけで、悩んでいた問題が一気に解決してしまうことがあるのが面白いです。自分で考えたプログラムが苦労の末に動いたときはほっとします。

1年次

1年前期

情報処理技術者試験に挑戦

入学して半年後(秋期)の国家試験合格を目指したカリキュラムを実施。午前試験の免除制度を活用して合格を目指そう。

1年後期

実習を重ねて技術を磨く

コンピュータに囲まれた環境で実習を繰り返します。イメージでなく、手を動かし画面で確認することで理解が進みます。

img_ent-gra_01_2013.jpg

2年次

2年前期

就職活動いざ出陣

入学前の不安だった自分とは違い、実力に裏打ちされた自信を胸に就職活動。在学中の努力が内定をたぐり寄せます。

img_ent-gra_02_2013.jpg

株式会社名鉄情報システムに内定

トライデントは業界と太いパイプを持ち、就活事情を知り抜いた「就職情報センター」が徹底して内定までのアドバイスとフォローを行います。
情報処理学科の就職実績として、アイシン・インフォテックス㈱、旭情報サービス㈱(東証二部上場企業)、㈱第一コンピュータリソース、TISシステムサービス㈱(TIS100%出資)、トッパン・フォームズ・オペレーション㈱、富士通エフ・アイ・ピーDC㈱、㈱富士通システムズ・ウエスト(前社名 富士通中部システムズ)、ヤマトシステム開発㈱など、その他多数企業に内定をいただいています。

img_ent-gra_03_2013.jpg


 

2年後期

卒業制作も大詰めに

チーム開発を通して、計画性・実行力・チームワークなど、技術だけにとどまらない「真のエンジニア」になります。