このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾グループ河合塾

学科紹介

3年制文部科学大臣認定職業実践専門課程

「遊ぶゲーム」から「創るゲーム」へ。

大人気のVRゲームや最近注目されつつあるMRゲーム、身近になったスマートフォンゲーム、リアルな映像表現の3Dゲームなど、ゲーム業界就職に直結した質の高いゲーム制作を学ぶ。

ゲームサイエンス学科 入学から卒業までの流れ

img_ent-gra_2018_01.jpg

ゲームサイエンス学科 樋口 裕太さん
愛知県立知多翔洋高等学校出身
グランブルファンタジーやバンドリ、AbemaTVなどで有名なサイバーエージェントに内定。

トライデントを選んだ理由は、名古屋駅周辺にあるコンピュータ系の専門学校をいくつか見学した中で一番「人の温かさ」を感じた学校だったからです。
設備の良さ、雰囲気、学習内容といった学習環境だけでなく「周りの人の良さ」も成長するための要素だと思っているので、先輩だけでなく講師の方や事務局の方々の温かさに惹かれ、トライデントを選びました。 また、支給されるノートPC含め高性能のPCで開発をすることができるのがゲームサイエンス学科の強みだと思います。高性能のPCだからこそできるUnity, Unreal Engine, VR, Switchなどの様々なエンジンやプラットフォームでの開発を学生のうちから経験することができます。
トライデントで学んだ3年間を通して意識していたのは、「人とは違うことをして目立つ」ということです。 与えられた目標に対して制作する・行動するだけでなく、+αの何かを加えることを意識して取り組みました。

1年次

1年前後期

ゲーム制作の基礎を総合的に勉強

プログラミング言語をはじめゲーム制作の基礎を勉強。後期には東京ゲームショウの見学や業界のトップクリエイターの講演が聞ける業界研究の授業も行われる。

樋口くんコメント:
1年次には実際にゲーム業界の方が学校にいらっしゃって講演をしてくださる「業界研究」という授業があります。内定先の企業もこの業界研究の授業で講演してくださったのがきっかけで興味を持ちました。1年次は、演習や実習をしながらゲーム作りの基礎を学びます。

ゲーム制作の基礎を総合的に勉強

2年次

2年前後期

専門的にゲーム制作を勉強

1年次に学んだ基礎を土台に専門的なゲーム制作を勉強。制作したゲームを業界のプロに評価してもらう作品講評会も行われる。また就職活動に向けビジネスマナーなどの授業も行われる。

樋口くんコメント:
2年次では応用とゲーム制作を中心に行います。ゲームサイエンス学科では学内コンテストがあったり、ゲーム業界のプロに実際に作品を講評いただける機会があったりします。 また、2年生のはじめからイベントやインターンに積極的に参加し、熱意を伝え続けたことで、2年生の夏休み中にインターンで内定をいただくことができました。

img_ent-gra_03_2013.jpg

3年前後期

卒業作品を制作

ゲーム会社から内定をもらい、プログラマーとして憧れのゲーム業界へ。
卒業制作では、チームを組んで本格的なゲームを制作。
今までの集大成を卒業研究制作展で発表する。

樋口くんコメント:
3年次には、Unityやcocos2d-xというエンジンを用いてゲーム開発をしているクライアントエンジニアで、日本ゲーム大賞2018のアマチュア部門で「かげあそび」という作品が最終審査まで進みました。

サイバーエージェントに内定

樋口くんコメント:
実際に企業でインターンやアルバイトをしてみて、作品のクオリティ、技術力、コミュニケーションなど学生と社会人とではレベルが格段に違うということを実感しました。 内定が決まったのはゴールではなく、やっとスタートラインに立つことができたので、社会人になってもしっかりスタートダッシュをして、会社の中でも目立ち続けられるように励んでいきたいと思います。

img_ent-gra_2018_02.jpg